釣り情報店舗案内リンクお問い合わせ 現在のお買物
■ご利用ガイド・Q&A 
スピニングリール 遠投スピニング 投げ竿 船竿 鮎竿 バスロッド ヘラ鯉竿 装備品 ルアー
小型両軸リール 大型両軸リール 磯竿 ソルトロッド 渓流竿 トラウトフライ 仕掛 エサ
キーワード検索 お探しの商品が見つからないときは→ 
東海つり具 > 通信販売 > 商品Q&A > 遠投竿のリールシート位置の決め方

遠投竿のリールシート位置の決め方

投竿にはストリップモデルというガイドの無いタイプがあります。

ガイドとシートの付け位置はお客様の自由に設定できます。

逆にわかり難いと言った意見もありますので、参考までに・・・
リールシート位置については身長÷2から前後5cmほどが適正位置とされております。(腕の長さなどによっても異なりますので、あくまで目安です。)

その他、ロッドを水平に寝かせグリップを持つ手をあごの下に置き、その状態で自然に握れる位置にする方法もあります。

基本的に前に行くと力は入りますが、キャストが大きくなり負担が大きくなります。
後ろに行けばコンパクトになり、少し力が落ちる可能性がありますが、負担は減ります。

東海つり具としては、以前ご使用の竿がある場合はその長さも参考にしていただいています。
ピックアップ
トップページ特定商取引法に基ずく表示ご利用ガイドお問い合わせ
(有)東海つり具